Ledger Nano S (レジャーナノS) が届いた!思ってたより使いやすいぞ!

どーも!シロです(`・ω・´)ゞ

 

ついに届きました! Ledger Nano S (レジャーナノS)

 

8月中旬頃、Amazonなどは品薄状態で価格も高騰してたので海外公式サイトで購入してみました。

といっても、届いたのつい先日。ポチってから1ヶ月でようやく手元に届きました。

今は、Amazonの在庫状況も復活してるようで値段も公式と殆ど変わらないようです。

 

海外公式サイト

https://www.ledgerwallet.com/products/ledger-nano-s

商品価格:58ユーロ 送料:23.7ユーロ 合計 81.7ユーロ(1万900円くらい)

 

Amazon

https://goo.gl/3jHwHa

商品価格: 1万1300円くらい

 

さっそく使ってみようと思います

 

 

Ledger Nano S (レジャーナノS)とは

Ledger Nano Sは、Bitcoin、Ethereumやその他のアルトコイン用のハードウェアウォレットで仮想通貨資産の安全な保管、そして支払い等を保護する機能を持っています

公式より

 

Ledgerは、仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。Ledgerシリーズは、その安全性を妥協することなしに、他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。デバイスをPCのUSB端子に接続するだけでWebブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることがありません。 PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと承認作業とが揃わない限り送金することが不可能であるため、Ledgerを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。

Zaifより

 

ふむふむ。

 

Ledger Nano S (レジャーナノS)とは俗に言うハードウェアウォレットです。

技術的な話はおいておくとして、

ハードウェアウォレットのメリットは

  • 資産を自分で管理できるため、取引所においておくよりもセキュリティを高められる

これだけだと思ってます。

 

”高い” ではなく ”高められる” です。

セキュリティ系の話は、殆どが使い手次第で全然変わってくると思ってます。

(本業でISMSとPマークの更新がある。。。面倒くさいw)

 

意識高いぜ!ってひとはハードウェアウォレットがいいと思いますし

ちょっとよくわからん。って人は取引所において2段階認証とか、できることをしといたほうが安全かもしれないですね。

 

Ledger Nano S (レジャーナノS)の購入理由

今回僕がLedger Nano S (レジャーナノS)を購入した理由は、セキュリティ面の不安解消ともう1つ

  • ガチホするため

 

ハードウェアウォレットに入れると、取引所においておくよりも、取引時の手間が増えるので

めんどくさがり屋の僕にとっては握力UP効果が見込めますw

XRPあたりは長期保有予定なのでハードウェアウォレットに入れて放って置く予定です

 

 

開封の儀

さらっと開封の儀

梱包はこんな感じ。

宅配ボックスには入らずちゃんと受け渡しで届きました。

 

外箱。箱好きの僕も満足。かっこいい。

 

開けたらこんな感じ

本体とUSBケーブルに加えてストラップ的なアクセサリーも入ってました。

見た目的にはもう満足( ・∀・)

 

Ledger Nano S (レジャーナノS)の初期設定

USBケーブルでPCに繋ぐ

 

すると

「Welcome」

「Press both buttons to begin」

と表示されているので指示通りに2つのボタンを同時押しします

 

メッセージが変わって

「With Ledger Nano S, side buttons are used」

「to interact and control the user interface.」

「Use left/right buttons to change values」

「and navigate through multipie-choice list」

「Press both buttons when you wish to」

「confirm/continue or open an application.」

「To begin configuration, press both buttons」

 

と立て続けに表示されます。設定を始めたいのでまた、両方のボタンを押します

 

「× Configure as new device? ✓」

新しいデバイスとして登録するので右のボタンを押します

 

PINコード設定

「1.Choose a PIN code」

PINコードを入力するらしい。再度両方のボタンを押します。

左右のボタンで数字を選択し、両方のボタンで決定する流れでPINコードを入力します。

最大8桁のようです。OKの場合は✓マークで両押しすれば決定です

 

「2.Confirm your PIN code」

確認ですね。両押しして次へ

先ほどと同じようにPINコードを入力して進みます

 

リカバリーフレーズの書き取り

「3.Write donw your recovery phrase」

両押しで次へ

リカバリーフレーズが24個順番に表示されるのでメモしておきます

「Word #1 strategy」

「Word #2 strategy」

…..

「Word #23 hungry」

「Word #24 stem」

すべてメモしたら両押しで次へ

 

「4.Confirm your recovery phrase」

リカバリーフレーズの確認、両押しで次へ

「select word #13 」

なぞなぞかい!答えを選んで両押しで回答。問題数は2問でした

 

「Your device is now ready」

と表示され準備完了のようです

 

アプリケーションのダウンロード

Leader社のアプリケーションのページにアクセスしてアプリをダウンロードします

https://www.ledgerwallet.com/apps

 

今回はリップル用のウォレットを選びましたダウンロード&インストールします

 

が、インストールしたアプリを開いてみてもLedgerNanoS側になんの変化もありません。

どうやらLedgerNanoS側にもアプリを入れる必要があったようです。

 

マナさんのブログを参考にしました

LedgerNanoS(レジャーナノS)にリップルのXRPを対応する・送受信方法

 

無事にウォレットが開きました

 

試しにPoloniexからXRPを送ってみました

問題なさそうです。いい感じ(๑´ڡ๑)

 

まとめ

思ってたより簡単に使えて、良かったです。

また対応通貨も結構あってGood! 満足してます(๑´ڡ๑)

 

XRPはガッツリLedgerNanoSに入れてホールドします!

ではでは!

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です