仮想通貨ARK(アーク)とは?LiskやEthereumとの違いや特徴など

 

どーも!シロです(`・ω・´)ゞ

最近気になってる仮想通貨 ARK(アーク)についてまとめてみます。

 

 

仮想通貨ARK(アーク)

通貨名 Ark(アーク)
通貨略号 ARK
発行上限枚数 126,574,546 ARK
取扱取引所 Bittrex(ビットトレックス / アメリカ)
Cryptopia(クリプトピア / ニュージーランド)
公式サイト https://ark.io/
ホワイトペーパー https://ark.io/Whitepaper-ARK.pdf
ツイッター https://twitter.com/arkecosystem

 

ARKとは

Our aim is to bridge virtual with reality

私たちの目標は仮想と現実を橋渡しすることです

公式HPより

ARKは現実(日常生活)で仮想通貨やその技術を簡単に使うことができるようにすることを目的として開発されたプラットフォームのようです。

BTC(ビットコイン)はブロックチェーン、ETH(イーサリアム)はスマートコントラクトという技術を世の中に広め、技術者や一部のユーザーの間では大きな話題になっていますが、一般の人々にはまだまだわかりづらく、簡単に使えるものにはなっていません。そういった背景から、ARKは ”仮想と現実の橋渡し” を目標に一般の人々が簡単に使える仮想通貨、および関連サービスを含むプラットフォームを目指している。とのこと。

 

 

ARKの特徴

スマートブリッジ(SmartBridge)機能

スマートブリッジとはBitcoin、Ethereum、Liskなどの他のネットワークが持つブロックチェーンと繋ぐこと(ブリッジ)ができる機能です。

ARK自体が機能を持っていなくてもスマートブリッジで繋がることで、他のブロックチェーンが持つ機能を実行することができるんですね!これすごいかも。

 

高速!

ARKは、約8秒でトランザクションを生成可能です。これはビットコイン(10分)やイーサリアム(15秒)よりも高速です。

また、スケール(拡張)が容易に行えるように設計されていて、利用者が増えることによる遅延(処理速度の低下)についても対応されています。ビットコインやイーサリアムで起こったことはちゃんと対応されているんですね。

 

ARK独自のコンセンサス・アルゴリズム

ARKでは、BitSharesが開発したDPoS(Delegated Proof of Stake)を独自にカスタマイズしたコンセンサスアルゴリズムを持ちます。

BitSharesやLISKなど、他のDPoSコンセンサスアルゴリズムよりも分散化された投票システムで

これにより、よりセキュアに、より高速なシステムになっているようです。

 

多機能

  • InterPlanetary File System(IPFS)
  • InterPlanetary Database(IPDB)
  • InterPlanetary Linked Data(IPLD)
  • Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)
  • Tendermint Validators
  • PHYSICAL CARD SYSTEM

などがあります。機能詳細はまだ理解しきれてないですが、STORJやFACTOM、TenXなどの機能のいいとこ取りみたいな感じでしょうか。

公式HPのロードマップのページを見てみるとそれぞれの進捗を確認することができます。

 

 

ARK・LISK・ETHの比較

日本語に意訳してみました

ARK LISK ETH
 初期発行数  125,000,000  100,000,000  72,000,000
 財団保有量  18,750,000
(30名)
 8,000,000
(2名)
 12,000,000
(?名)
 配布量  93,750,000  85,000,000 60,000,000
 報酬  2ARK 1~5LISK  POWマイニングによる報酬
 開発言語  NODE.js  NODE.js GO/C++
 供給タイプ  インフレ型  インフレ型  インフレ型
 承認アルゴリズム

 DPOS(51承認者)

 DPOS(101承認者) 現在POW
今後POSに移行予定
 投票権 1人1票 1人1票 なし
 処理速度  8秒 / ブロック 10秒 / ブロック 15秒 / ブロック
 省エネ性能
公式デスクトップクライアント
Webクライアント
第2暗証番号
HDウォレット
マルチシグネチャ
スマートコントラクト
ストレージ
プライベートトランザクション
サイドチェーン BRIDGED BLOCKCHAINS BLOCKCHAIN APPS SMART CONTRACTS
アクセス LITE CLIENT WEB CLIENT
NANO CLIENT
MIST

 

ARK … スペック高いなヮ(゚д゚)ォ!

 

まとめ

ARKの「 ”仮想と現実の橋渡し” を目標に一般の人々が簡単に使える仮想通貨、および関連サービスを含むプラットフォームを目指す」という考え良いと思います。スマートブリッジという機能についても期待大です。

後発として先輩仮想通貨たちの良いとこを取り込むというのは良いことだと思うんですが、

色々やりすぎ、よくばりすぎなところが気になるところ。

 

今年もまだまだアップデートが予定されているみたいなのでちょっと手出してみようかな・・・

 

ではでは!

 

 

 

ARK

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です